東京都江東区の臨海地域で散策を楽しむ

東京都江東区は、荒川や中川沿いの沖積低地に市街地がある都市です。

起伏のある台地がない地形ですから、坂道が苦手な人でも歩きやすいウォーキングコースが多い地区です。

葛西臨海公園駅から出発すると何かと便利です。

葛西臨海公園には広大な敷地があり、サイクリング道路や遊歩道も整備されています。

葛西臨海公園の西側へ歩いて行くと、荒川河口の左岸側に突き当たります。

中央部のランガー桁が印象的な京葉線荒川橋梁を眺めながら上流へと進んで行くと清砂大橋の下へ到着します。

さらに上流へと歩いて行くと葛西橋に到着します。

葛西橋の東側にある中州は、荒川と中川の中間点となります。

この中州には、荒川の河口から0km地点の標柱があります。

荒川河口から0km地点は、荒川でサイクリングやジョギングなどをする人は必ず訪れる場所です。

ここから葛西橋へ戻って、さらに上流部へ歩いて行くこともできます。

荒川を渡って中川へ行くことも出来ます。

中川沿いにも遊歩道があり、景観に優れた橋が多く架かっています。